住宅ローンを借りる際の諸経費にはどんなものがありますか?

 住宅ローンを借りる際の諸経費にはどんなものがありますか?

 住宅ローンを借りる際には返済開始後負担する利息以外にも色々な諸経費がかかってきます。各金融機関やお借り入れになる住宅ローンの種類、住宅ローン借入額、住宅ローン借入年数などによってもかかってくる諸経費や費用も異なりますのでご注意ください。

民間金融機関の場合は住宅ローンを利用する際に必要になる諸経費についてはそれほど大きな違いはありません。独立行政法人である住宅金融支援機構が行うフラット35融資の場合は若干の違いがありますので、この2つに分けてそれぞれ確認していきたいと思います。

民間金融機関の住宅ローン利用時に必要な諸経費
  • 契約印紙代 ⇒ 金銭消費貸借契約書に貼る印紙代金です。住宅ローンのお借入金額により異なります。
  • 事務手数料 ⇒ 金額は金融機関ごとに異なります。3万円~5万円(税別)程度の金融機関が多いようです。
  • 保証料 ⇒ 金融機関ごと、融資金額によって異なります。融資金額に対して2%~4%程度が多いようです。
  • 土地、建物に対して抵当権を設定するのでそのための費用、火災保険の加入もほとんどの金融機関で義務付けられているので火災保険費用等がその他必要になります。
  • 団体信用生命保険には加入は必須ですが保険料については金融機関の負担となるため別途負担することはありません。

フラット35利用時に必要な諸経費
  • 契約印紙代 ⇒ 金銭消費貸借契約書に貼る印紙代金です。住宅ローンのお借入金額により異なります。
  • 事務手数料 ⇒ 金額は金融機関ごとに異なります。0.5%程度~2%など融資額に対して定率の商品と、一律54,000円など定額の商品があります。定率の商品は融資利率が低く、定額の商品は融資利率が高い傾向があります。
  • 団体信用生命保険料 ⇒ フラット35は団信保険料は自己負担となります。
  • 土地、建物に対して抵当権を設定するのでそのための費用、火災保険の加入もほとんどの金融機関で義務付けられているので火災保険費用等がその他必要になります。
  • フラット35の場合は保証会社が入らないため保証料はかかりません。

住宅ローンを利用する際は同じ金利商品でも諸経費まで計算することで総返済額に大きく差が出る場合があります。金利ばかりに目を向けず住宅ローン利用時にかかる諸経費もしっかりと検討しましょう!

住宅ローンを借りる際の諸経費を少しでも安くしたい!でもどこの金融機関から住宅ローンを借りたら・・・・??そんなご不安は新潟の住宅ローン・資金計画専門のファイナンシャルプランナー新潟ファイナンシャルデザインへお気軽にご相談ください!

お問合せはこちらからどうぞ!

無料メール講座登録はこちらから!

メルマガPC用TOP

初めてのマイホーム計画!
失敗しないために7日間で学べる
無料メールマガジン!

売る人、貸す人
が決して伝えない住宅展示場へ行く前に知っておくべき
家づくり7つの新常識!

登録はこちらです!

メールアドレス
名前(姓)

無料メール講座の詳細はコチラ をご確認ください。
※こちらのメール講座はHTMLで配信しておりますので、「スマホやパソコン」でのご登録をおすすめしております。
※お名前は「本名」でご登録をお願いいたします。