マイカーローンなど他の借り入れがありますが住宅ローンは利用できますか?

 マイカーローンなど他の借り入れがありますが住宅ローンは利用できますか?

 マイカーローンやクレジットカードの分割やリボ払い、キャッシング、その他奨学金を返済中など住宅ローンを利用する際に他の借り入れがあっても大丈夫なのか?というご相談は非常に多く頂きます。

結論ありきでお話をさせていただくとその他借り入れがあっても住宅ローンは利用できます。

その際に問題になってくるのが「返済負担率」という数字です。

この「返済負担率」とは住宅ローンの年間の返済額合計が年収に占める割合のことを言います。各金融機関によってこの数字は違いますし、年収に応じて上限を設定している場合などもあります。明確にパンフレットやHP上で年収の◯◯%まで、などと表記している金融機関もありますがほとんどの金融機関では表記していない場合が多いです。

おおよその目安としては年収に対して30%~40%の間で上限を設定している金融機関が多いようです。

例えば、税込み年収が500万円の方の場合、返済負担率の上限を35%で設定している金融機関であれば年間の住宅ローンの返済上限金額は175万円となり、毎月返済のみで住宅ローンを借りる場合は約148,000円の返済で借り入れできる金額までが住宅ローンで借りれる金額となります。

ここで問題になってくるのが先ほどのその他の借入です。ほとんどの金融機関ではこの返済負担率の中には現在借りているその他のローンも含めて計算します。

他に何も借入がなければ毎月148,000円の返済で借りれる額の住宅ローンを利用できますが、例えばマイカーローンが毎月20,000円あった場合は、148,000円から20,000円をマイナスした128,000円の返済で借りれる額の住宅ローンが上限となります。

実際はもう少しいろいろな要素が絡んできますが考え方としてはこのような感じです。

また注意していただきたいのが、他の借り入れの属性です。マイカーローンや奨学金、クレジットカードの翌月払いなどは特に問題はありませんがキャシングや消費者金融などからの借入の場合金融機関によっては金額にかかわらず利用しているだけでダメ、といったところもあります。

こうなってしまうと返済負担率をクリアしていても住宅ローンが利用できない自体になってしまうので注意が必要です。

我家はどのくらいの金額の住宅ローンが利用できるのか?返済負担率は大丈夫なのか・・・・そんなご不安は新潟の住宅ローン・資金計画専門のファイナンシャルプランナー新潟ファイナンシャルデザインへお気軽にご相談ください!

お問合せはこちらからどうぞ!

無料メール講座登録はこちらから!

メルマガPC用TOP

初めてのマイホーム計画!
失敗しないために7日間で学べる
無料メールマガジン!

売る人、貸す人
が決して伝えない住宅展示場へ行く前に知っておくべき
家づくり7つの新常識!

登録はこちらです!

メールアドレス
名前(姓)

無料メール講座の詳細はコチラ をご確認ください。
※こちらのメール講座はHTMLで配信しておりますので、「スマホやパソコン」でのご登録をおすすめしております。
※お名前は「本名」でご登録をお願いいたします。