住宅ローンを借りたいのですが自己資金(頭金)がなくても大丈夫ですか?

 住宅ローンを借りたいのですが自己資金(頭金)がなくても大丈夫ですか?

 自己資金(頭金)というのは住宅購入資金の内ご自身の貯蓄や援助などで準備するお金、住宅ローン以外で準備できるお金のことです。

一昔前は住宅購入の際には自己資金(2割)+諸経費分は準備しましょう!というのが当たり前のようになっていました。

この自己資金(頭金)2割の理由というのは諸説ありますが、昔、住宅ローンといえば住宅金融公庫だった時代、物件の8割までしか融資をしてもらえなかったためどうしてもそれ以外の部分は自分達で準備する必要がありました。

最近の住宅ローン融資は民間金融機関が主流となり物件価格の100%+諸経費分まで融資してくれる住宅ローンもあり必ずしも自己資金(頭金)は必要ではなくなりました。

むしろ高度成長期もように黙っていても右肩上がりに給料が上がる時代ではないため預貯金などを自己資金が少ないからといって全て自己資金(頭金)にまわしてしまうことは逆に危険です。

可能な限り預貯金は手元に残し、将来の支出に備えたほうが健全な家計運営が出来る場合が多いです。

手元のお金は短期、中期、長期と目的ごとに分けて今ある預貯金で準備するのか、これからの積立で準備するのかしっかり考えなければいけません。

プラスして現在の半年~1年程度の生活費を手元に残し、それ以外の部分が自己資金(頭金)としてあなたのご家庭が準備できる金額ということになります。

雑誌やネットなどで書かれている住宅ローンの借り方、返し方は

  • なるべく多く頭金を入れる
  • 返済期間はなるべく短く
  • 早めに繰り上げ返済を行う

もちろん本来ならばこの方法が一番オトクに住宅ローンを借りて、返済する方法ですが、今の時代は無理せずにしっかりと最後まで返済する、このことを前提に住宅ローンは借りて、返済するべきと私は考えます。なので

  • 将来の支出を予測して頭金を無理に入れ過ぎない
  • とりあえず無理せずに返済期間は長めに設定
  • 将来の支出予定を考えながら余裕があれば繰り上げ返済

こんな方法をおすすめしています。

もちろん家族構成や年齢、年収によってどういった借り方、返し方が良いのかは全く違ってきますので間違っても「他の人がこうだから我家も・・・・」みたいなことはやめてくださいね。

我家はいくら自己資金(頭金)を準備すればいいのだろう・・・・そんなご不安は新潟の住宅ローン・資金計画専門のファイナンシャルプランナー新潟ファイナンシャルデザインへお気軽にご相談ください!

お問合せはこちらからどうぞ!

無料メール講座登録はこちらから!

メルマガPC用TOP

初めてのマイホーム計画!
失敗しないために7日間で学べる
無料メールマガジン!

売る人、貸す人
が決して伝えない住宅展示場へ行く前に知っておくべき
家づくり7つの新常識!

登録はこちらです!

メールアドレス
名前(姓)

無料メール講座の詳細はコチラ をご確認ください。
※こちらのメール講座はHTMLで配信しておりますので、「スマホやパソコン」でのご登録をおすすめしております。
※お名前は「本名」でご登録をお願いいたします。