住宅ローンを借りる際の団体信用生命保険って何ですか?

 住宅ローンを借りる際の団体信用生命保険って何ですか?

 ほとんどの民間金融機関の場合住宅ローンを借りる際は「団体信用生命保険」への加入を義務付けています。裏を返せば「団体信用生命保険」に加入できない方はその金融機関の住宅ローンは利用できない、ということです。

「団体信用生命保険」とはどのような保険かといいますと、住宅ローン契約者の方が万一の際(死亡・高度障害など)その時点での住宅ローン残高を保険会社が保障してくれるというものです。ちなみに保険料は金融機関が負担、ということで住宅ローンを利用する方が保険料を支払う必要はありません。(とはいっても金利の中に経費として組み込まれているのでしょうが・・・・・)

もちろん生命保険なので一般の生命保険同様「告知」があります。持病をお持の方や最近手術、入院などがある方、お薬を常時服用されている方などは審査に通らないケースもあるのでそういう場合は早めに告知書を提出して団体信用生命保険に加入できるのか確認が必要です。

最近は死亡や高度障害だけではなく「3大疾病」、「8大疾病」、「9大疾病」などにも対応した団体信用生命保険を付加できる住宅ローンも多くあります。こういった商品は殆どの場合、0.3%程度住宅ローン金利を上乗せするケースが多いので事前の資金計画が大事になってきます。

また、どのような病状の際に保険金が支払われるのか、加入前にしっかりと確認して下さい。がんは診断確定時に保険金が支払われるケースが殆んどのようですが、その他の病気についてはかなり細かく約款に記載されています。「保険金が支払われると思ったのに・・・・」というケースも多いようなので自己責任でしっかりと確認しましょう。

では「持病がある方などは住宅ローンを利用できないのか?」そんなことはありません。

最近は民間の金融機関でも幅広く対応してくれる金融機関さんも増えてきています。新潟県内の住宅ローンを取り扱う金融機関さんもまだまだ数は少ないですが対応してくれるところもあります。

金利の上乗せになりますが持病をお持の方でも加入できる場合もある「ワイド団信」と言われるもの、もしくは現在ご加入の生命保険などを利用して住宅ローンを借りれる金融機関など色々ございますのでご心配の方は是非住宅ローン・新築専門FPの新潟ファイナンシャルデザインへご相談ください。

更に、フラット35については借入先にもよりますが、基本的には団体信用生命保険への加入は絶対ではありません。(9割以上の方が何らかの形で加入はしているようですが)なので民間金融機関の住宅ローンと違い団体信用生命保険の保険料は加入される方の自己負担となります。

ただ、残されたご家族のことを考えると保障がない、と言うのは心配ですよね。家を建てる時はもしもの場合も想定して計画をたてることが大事です。

ご心配な方は是非新潟の住宅ローン・資金計画専門のファイナンシャルプランナー新潟ファイナンシャルデザインへお気軽にご相談ください!

お問合せはこちらからどうぞ!

 

無料メール講座登録はこちらから!

メルマガPC用TOP

初めてのマイホーム計画!
失敗しないために7日間で学べる
無料メールマガジン!

売る人、貸す人
が決して伝えない住宅展示場へ行く前に知っておくべき
家づくり7つの新常識!

登録はこちらです!

メールアドレス
名前(姓)

無料メール講座の詳細はコチラ をご確認ください。
※こちらのメール講座はHTMLで配信しておりますので、「スマホやパソコン」でのご登録をおすすめしております。
※お名前は「本名」でご登録をお願いいたします。