新潟の相続・年金のご相談は 新潟のFP事務所 新潟ファイナンシャルデザインへお任せ下さい!税理士さん、司法書士さんとも連携して皆さんが納得の行く解決策をご提案させて頂きます!
 
今日は分割協議書についてです。遺産の分割方法には次の3つの方法があります。
・指定分割
被相続人が遺言により遺産分割方法を指定した場合を言います。遺言書で財産の処分が指定されていればその通りに分けるが
共同相続人の協議により指定通りにならないこともあります。
 
・協議分割
相続人全員の合意で、遺産の分割を決定する方法です。遺言書で処分を決めていない財産がある場合、または包括遺贈の場合には、遺産分割協議を行い、相続人包括遺贈者間で遺産の分配を決めます。
 
・調停分割・審判分割
遺産分割協議がまとまらない、もしくは協議をすることができない場合、被相続人の住所地の家庭裁判所に遺産の分割を申し出ることができます。家庭裁判所はまず調停を試み、それでも協議が成立しない場合には審判が行なわれます。