新潟 相続の流れ①遺言の有無を確認!

新潟の相続・年金のご相談は 新潟のFP事務所 新潟ファイナンシャルデザインへお任せ下さい!税理士さん、司法書士さんとも連携して皆さんが納得の行く解決策をご提案させて頂きます!

今日は遺言についてのお話です。

最近書店などへ行くと「遺言書の書き方」「エンディングノートの書き方」などの本をよく目にするようになりました。

「遺言による相続分は、民法による法定相続分より優先する」というのをまずは覚えておいて下さい!

遺言書には次の3つの方法があります。要件を満たしていないものはそれが亡くなった方が間違い無くお書きになったものでも遺言書と認められない場合があります。最近はそのようなトラブルも増えてきているようです。ご注意下さい。

1.自筆証書遺言・・・遺言者が遺言の全文・日付・氏名を自書し、署名の下に押印して作成する方法。

  長所:とても簡単 

  短所:全文・日付・氏名・押印・訂正の各項目について、方式を厳密に守らないと遺言自体が無効になる可能性があります。ワープロパソコンなどを用いた場合は押印してあっても無効になります。家庭裁判所の検認作業が必要になります。

2.公正証書遺言・・・遺言者が証人2人と公証人役場へ行って作成する。本人が外出できない場合は公証人による出張も可。

  長所:文字の書けない方でも作成可能。原本が公証人役場に保管されるので最も安全確実。家庭裁判所の検認作業も不要。

  短所:承認が必要な為内容を秘密にしておけない。財産価額や内容に応じて作成手数料が決まるので、財産が多いほど費用がかかる。

3.秘密証書遺言・・・遺言そのものの方式ではなく、遺言書を秘密に保管するための方法。証人2人の立ち会いのもとで、遺言書を公証人に提出し、これが自分の遺言書であること、証書を書いたものの氏名、住所を申述。

  長所:書面の作成が簡単。公証人への手数料が安価であること。証人に対して遺言内容の秘密が保たてる。

  短所:内容に関しては公証人が点検しないため、無効になるおそれがある。家庭裁判所による検認作業が必要。

上記3つそれぞれ長所と短所覚えておいて下さい!

無料メール講座登録はこちらから!

メルマガPC用TOP

初めてのマイホーム計画!
失敗しないために7日間で学べる
無料メールマガジン!

売る人、貸す人
が決して伝えない住宅展示場へ行く前に知っておくべき
家づくり7つの新常識!

登録はこちらです!

メールアドレス
名前(姓)

無料メール講座の詳細はコチラ をご確認ください。
※こちらのメール講座はHTMLで配信しておりますので、「スマホやパソコン」でのご登録をおすすめしております。
※お名前は「本名」でご登録をお願いいたします。

コメントを残す