新潟の相続の現状2

こんにちは!新潟のもめない相続相談は新潟のFP事務所 新潟ファイナンシャルデザインへお任せ下さい!

今回は相続の現状についてのお話しです。

まず年間死亡者数の内相続税がかかってくる方ってどのくらいいらっしゃるかご存知ですか?

2009年の死亡者数に対してのデータですが1,141,865人亡くなったのに対して相続税の申告のあった方は46,439人

率に直すと約4%になります。

この数字だけ見るとやはり一部のお金持ちの方にだけ関係することですね。

では、こちらの数字は如何でですか?

家庭裁判所への相談件数 166,218 件

遺産分割事件数 10,741件

遺産分割事件の内認容・調停成立件数、資産総額5,000万円以内の割合 5,697件

要は相続税がかからない資産総額の方のほうがもめることが多いということ。

何故でしょう?

それなりの資産をお持ちの方は当然、相続税や相続問題が起きることを想定して準備をされている方が多いのに対して

相続税の対象にならない一般の方々は、「モメるほど資産がないから大丈夫」「うちの子供達に限って」と

安易な考えで何も準備をされていないことが大きな原因と言われています。

また、残された資産が土地と建物など簡単に分割できない、跡継ぎにしか残すものがない、このようなことも遺産分割の際

もめる原因のようです。

残されたご家族が不幸にならないためにも一般の方ほどしっかりと相続・遺産分割の準備を早めに行いましょう!

新潟の相続・遺産分割などご相談はお気軽に新潟のFP事務所 新潟ファイナンシャルデザインへご相談下さい。提携税理士さん、司法書士さんに各種お手続きなどはご相談可能です。

相続や遺産分割にこそ上手に生命保険を使いましょう!

「生命保険は受取人固有の財産」これだけで相続に関するかなりの部分を解決できるはずです!

無料メール講座登録はこちらから!

メルマガPC用TOP

初めてのマイホーム計画!
失敗しないために7日間で学べる
無料メールマガジン!

売る人、貸す人
が決して伝えない住宅展示場へ行く前に知っておくべき
家づくり7つの新常識!

登録はこちらです!

メールアドレス
名前(姓)

無料メール講座の詳細はコチラ をご確認ください。
※こちらのメール講座はHTMLで配信しておりますので、「スマホやパソコン」でのご登録をおすすめしております。
※お名前は「本名」でご登録をお願いいたします。

コメントを残す