新潟 相続に必要な知識/土地・建物の評価・小規模宅地等の評価減

新潟の相続・年金のご相談は 新潟のFP事務所 新潟ファイナンシャルデザインへお任せ下さい!税理士さん、司法書士さんなどとも連携して皆さんが納得の行く解決策をご提案させて頂きます!
さて今日は相続時の土地と建物の評価についてです。

まず土地については路線価地域、倍率地域に区分して評価を行います。
★倍率方式
固定資産税評価額にその地域ごとに国税局長が定める倍率を乗じて計算した金額によって評価する方法です。
例)その他口の固定資産税評価額×国税局長の定める倍率
★路線価方式
「路線価図」においてその道路に付された1㎡あたりの価額、すなわち路線価を確認する。
例)一方のみが路線に接する宅地の場合
路線価×奥行価格補正率×宅地の面積
宅地の評価単位は登記簿上の筆ごとではなく、利用単位となっている1画地の宅地ごとに評価します。
★貸宅地
借地権が設定されている宅地のことを言います。
例)貸宅地の評価額:自用地評価額×(1-借地権割合)で求めることができます。
★貸家建付地
土地所有者が貸家を建てている場合のその敷地のことを指します。
貸家建付地の評価額:自用地評価額×(1-借地権割合×借家権割合×賃借割合)
★小規模宅地等の評価減
誰が自宅を相続するかによって評価額が変わってきます。
①配偶者②同居・または生計が一の親族③持ち家なしの別居親族が居住用の土地を相続する場合
・適用上限面積⇒240㎡  ・軽減割合⇒▲80%
①、②、③以外の者が相続する場合
・適用上限面積⇒200㎡  ・軽減割合⇒50%
★建物の評価
固定資産税評価額に基づいて行います。
・自用家屋⇒固定資産税評価額に基づいて評価を行います。
◎自用家屋の評価額=固定資産税評価額×1.0
・貸家⇒借家権割合は30%です。
◎貸家の評価額:自用価額の評価額×(1-借家権割合×賃借割合)

無料メール講座登録はこちらから!

メルマガPC用TOP

初めてのマイホーム計画!
失敗しないために7日間で学べる
無料メールマガジン!

売る人、貸す人
が決して伝えない住宅展示場へ行く前に知っておくべき
家づくり7つの新常識!

登録はこちらです!

メールアドレス
名前(姓)

無料メール講座の詳細はコチラ をご確認ください。
※こちらのメール講座はHTMLで配信しておりますので、「スマホやパソコン」でのご登録をおすすめしております。
※お名前は「本名」でご登録をお願いいたします。

コメントを残す