新潟の相続・年金のご相談は 新潟のFP事務所 新潟ファイナンシャルデザインへお任せ下さい!税理士さん、司法書士さんなどとも連携して皆さんが納得の行く解決策をご提案させて頂きます!
今日は相続時精算課税制度についてまとめてみましたのでご確認下さい。
★税額計算
(贈与額-2,500万円)×20%で計算できます。
★贈与の条件
65歳以上の親から20歳以上の子への贈与。贈与を受ける子それぞれが贈与をする親ごとに選択。父、母それぞれから行けることもできます。
★相続税との関係
相続税の計算時に精算(合算)される。生産時の贈与財産の評価は贈与時の相続税評価額になります。
★納税
贈与時に一度納税し、相続時に生産します。不足額は追加納税、超過額は還付されます。
★相続税の軽減効果
相続税の軽減効果はそれほど大きくありません。2,500万円の特別控除はありますが、贈与者の相続時に相続財産に合算され、相続税の前払いとして生産されます。
★留意点
相続時精算課税制度を選択した場合は、以降暦年贈与の適用を受けることはできません。例えば今年母親からの贈与に相続時精算課税制度の適用を受けた場合は、翌年以降母親から暦年贈与を受けることはできません。
※結局は相続時に精算されるため、相続税の軽減効果は大きくありませんが、例えば値上がりの確率の高い株式や金融商品、家賃収入などがある不動産など、持っているだけで被相続人の財産を増やしてくれるような資産は、相続時精算課税制度を利用して、相続前に贈与するとよいと言われています。