新潟の相続・年金のご相談は 新潟のFP事務所 新潟ファイナンシャルデザインへお任せ下さい!税理士さん、司法書士さんなどとも連携して皆さんが納得の行く解決策をご提案させて頂きます!
相続に役立つ知識として今日は贈与について簡単にまとめてみました。
贈与と相続の関係の中で注意が必要なことは、相続開始前3年以内の贈与についてです。
★相続開始3年以内の贈与財産の取り扱いは次のように取り扱います。
相続や遺贈により財産をもらった人が、その相続3年以内に、被相続人(亡くなった方)から贈与によって財産をもらったことがある場合には、その価額を相続税の課税価額に加算した上で相続税の総額や各相続人の相続税額を計算します。注意していただきたいのが、贈与された財産を相続財産に加算する際の評価額は贈与時における財産評価額になります。この場合、相続税の課税価額に加算された贈与財産に対して課された贈与税額は控除されます。
ポイント!
たとえ、相続開始前3年以内の贈与であったとしても相続人とならない人への贈与は相続財産への加算対象にはなりません。
・相続人とならない孫・子供の配偶者・相続放棄をした相続人など。