新潟 相続の流れ⑦配偶者の税額軽減

新潟の相続・年金のご相談は 新潟のFP事務所 新潟ファイナンシャルデザインへお任せ下さい!税理士さん、司法書士さんなどとも連携して皆さんが納得の行く解決策をご提案させて頂きます!
 
今日は配偶者の税額軽減についてです。
 
★税額軽減を受けることが出来る配偶者の条件
相続発生時に配偶者であることが条件です。婚姻期間は問われません。内縁関係などは配偶者と認められません
 
★配偶者が相続放棄をしている場合
配偶者が相続放棄をした場合であっても、この配偶者が遺贈により財産を取得した時は、この配偶者の税額軽減の適用が受けられます。
 
★軽減税額の計算方法
①各人の課税価格の合計額×配偶者の法定相続分
②1億6,000万円
相続税の総額×①または②のうちいずれか大きい方の額/各人の課税価格の合計額
 
★注意点
①配偶者は税額軽減により、税額がゼロになる場合でも、相続税の申告書は提出しなければいけません。
②財産が未分割である場合は適用を受けることはできません。(申告期限から3年以内に遺産分割が整えば、申告書提出により適応を受けることができます。)
③仮装・隠ぺいした財産がある場合には適応を受けることはできません。

無料メール講座登録はこちらから!

メルマガPC用TOP

初めてのマイホーム計画!
失敗しないために7日間で学べる
無料メールマガジン!

売る人、貸す人
が決して伝えない住宅展示場へ行く前に知っておくべき
家づくり7つの新常識!

登録はこちらです!

メールアドレス
名前(姓)

無料メール講座の詳細はコチラ をご確認ください。
※こちらのメール講座はHTMLで配信しておりますので、「スマホやパソコン」でのご登録をおすすめしております。
※お名前は「本名」でご登録をお願いいたします。

コメントを残す