新潟の相続の現状

こんにちは!新潟ファイナンシャルデザインの木村です。

震災やねじれ国会の影響で税制改正法案が延び延びですが、その中の一番の目玉は相続税の基礎控除の見直しではないでしょうか。

5,000万円+法定相続人の数×1,000万円 現状控除できるものが

改正後は6割まで下がってしまいます。

また、法定相続人の大勝も制限されて未成年者、障害者、同一生計者に限る、となっています。すなわち生計を同じにしない法定相続人は控除対象にならないということです。

独立して家庭を持っている子供などは対象外です。

例えば妻と子共2人が法定相続人の場合今までは8,000万円まで非課税でしたが、改正後は4,800万円を超える財産がある場合は相続税の対象になってしまいます。

自宅建物、土地、少しの預貯金などある方であれば我々一般の市民でも課税対象になってしまうということです。

確かに現状の基礎控除はバブルの頃上がり過ぎた地価に対応するために引き上げられた経緯があり、現状、一部の地域を除き地価はバブル期よりも下がっています。

相続税=一部のお金持ちだけ

これからはそうではなくなってきます!

ご自分の資産はどのくらいなのか?残されたご家族が不幸にならないためにも早めの準備をおすすめします!

相続についてのご相談はご遠慮なく新潟のFP事務所 新潟ファイナンシャルデザインへご相談下さい!各種お手続きなどは提携税理士さん、司法書士さんを通じて可能です!また初回相談は無料です。

無料メール講座登録はこちらから!

メルマガPC用TOP

初めてのマイホーム計画!
失敗しないために7日間で学べる
無料メールマガジン!

売る人、貸す人
が決して伝えない住宅展示場へ行く前に知っておくべき
家づくり7つの新常識!

登録はこちらです!

メールアドレス
名前(姓)

無料メール講座の詳細はコチラ をご確認ください。
※こちらのメール講座はHTMLで配信しておりますので、「スマホやパソコン」でのご登録をおすすめしております。
※お名前は「本名」でご登録をお願いいたします。

コメントを残す