土地の購入や住宅ローン手続きなどの際に必要になってくる書類の一つに「登記事項証明書」というものがあります。土地、建物の面積や所有者などの基本情報はもちろん抵当権の有無など確認することが出来ます。

皆さんさんこんにちは!
日本一わかりやすい家づくり計画「ビジョナリーマイホームマップ」
で家づくり計画・資金計画をサポートしている
マイホーム資金計画の専門家木村孝幸です。

家づくり計画においては住民票や所得証明書など
色々な証明書の取得が必要になってきます。
その中の一つとして「登記事項証明書」というものがあります。

住民票などは市役所・役場で家づくり計画時以外にも
取得する機会は多いと思いますので馴染みはあると思いますが
「登記事項証明書」は普段の生活でそれほど必要なことはありませんよね。

IMG_0311

普段触れることのない「登記事項証明書」
基本的な知識から取得方法、読み方まで
何度かに分けてお話させていただきますね。

まずは「登記事項証明書」で何がわかるのか?

登記事項証明書の構成は3つに分かれています。
各部詳細については後日お話させていただきますが

  • 表題部
  • 権利部(甲区)
  • 権利部(乙区)

それぞれ簡単に説明させていただくと

表題部
土地の地番、地目、地積、登記日など
土地や建物の基本情報が記載されています。

権利部(甲区)
所有者(所有権)についての登記事項が
記載されています。ここを確認することで
誰の所有なのか?個人所有か法人所有か
などもわかります。

権利部(乙区)
抵当権などの所有権以外の権利に関する事項が
記載されています。住宅ローンを利用するとここに
どこの金融機関でいつ、いくら借りたのかなどが記載
されます。

このように登記事項証明書を取得することで
土地や建物の所有者や大きさ、借り入れなどの有無や
所有権移転の流れなどの情報を確認することが出来るのです。

家づくりの中で主に必要となってくのは土地売買時や
住宅ローンの手続きの時でしょうか。

ぜひ覚えておいてください!

次回も引き続き登記事項証明書についてのお話です!
長くなりそうです(笑)