スマートハウスとは太陽光発電や蓄電池などを活用して、住宅内部で可能な限り効率よくエネルギーを使いましょうね、といった住宅のことで現在は官民一体となり普及に努め、今後住宅の主流になるであろう住宅のことを言います。

皆さんこんにちは!日本一わかりやすい家づくり計画「ビジョナリーマイホームマップ」で家づくり計画・資金計画をサポートしているマイホーム資金計画の専門家木村孝幸です。

まずはスマートハウスを知る上で建物の省エネ基準や今後の流れなどについても簡単にお話しますね。

まずスマートハウスを知る上で一番のおおもとになるのが

「省エネ基準」といわれるものです。

IMG_0259

簡単にお話しますが歴史の勉強で習ったと思いますが1970年代のオイルショックを契機に1979年に「省エネ法」というものが施行され、その流れを受けて1980年には住宅に関しても省エネ基準が制定されました。

その後「新省エネ基準(1992年)」「次世代省エネ(1999年)」と2回の改正が行われ、昨年2012年には13年ぶりに「改正省エネ基準」として見直しが行われました。

次世代省エネ基準では主に断熱性能について評価していましたが改正省エネ基準では設備機器などを含めた建物全体の省エネ基準を評価する基準に改定されたのです。

現在はまだ移行段階ですが政府は6年後の2020年には今回の改正省エネ基準の義務化を目指しており今後はこの基準に沿った住宅が主流となっていくものと思われます。

省エネ基準については本来もう少し詳しくお伝えしたいところですが、かなり頭がごちゃごちゃしてしまうので今回は簡単にこのくらいで(笑)

このままスマートハウス、最近良く聞くゼロ・エネルギーについてのお話へ続けてしまうと結構長くなってしまうのでこの続きは明日、ということで一旦区切りたいと思います!