持病があると住宅ローンは借りられないの?

民間金融機関の場合「団体信用生命保険」に加入できることが融資条件の一つとなっている場合がほとんどです。指定の告知事項に該当する場合は残念ながら住宅ローンを利用できないケースもあるので注意が必要です。

皆さんこんにちは!日本一わかりやすい家づくり計画「ビジョナリーマイホームマップ」で家づくり計画・資金計画をサポートしているマイホーム資金計画の専門家木村孝幸です。

住宅ローンを利用する際にほとんどの民間金融機関では「団体信用生命保険」への加入が義務付けられています。いわゆる生命保険なので当然ながら健康状態によっては加入できない場合があります。

例えば何か持病があり、告知事項に該当する場合は「団体信用生命保険」が引受不可となり、残念ながら住宅ローンを利用できないケースもあります。

では、健康状態に不安のある方は家を建てることはできないのか?

IMG_0183

答えは「ノー」です。

例えばフラット35などは「団体信用生命保険」への加入は義務付けられていません。

ただし、「団体信用生命保険」に加入されない場合は融資申し込みの際に

契約者に万一のことがあった場合は妻(もしくは夫、子供)などが債務を引き継ぎ

支払いを継続する旨の念書を取られるケースが有ります。

その他金融機関の中には持病をお持ちの方でもご加入できる

「ワイド団信」という商品を扱っているところもあります。

こちらは一般的な「団体信用生命保険」よりも審査が緩くなっており

持病をお持ちの方でも加入できる場合があります。

注意点としては、

金融機関としては一般的な「団体信用生命保険」でお借り入れの方よりも

当然ですがリスクが高くなる、ということで

「ワイド団信」を利用される方については

通常の金利よりも0.5~1%前後金利を高く設定しているケースが殆んどです。

「団体信用生命保険」に加入できない、「ワイド団信」を利用する

場合は万一の際に残されたご家族に大きな経済的負担を残してしまうことになりかねません。

いざという時シッカリとそなえることができるのか?

ご健康に不安のある方は「いかにして住宅ローンを借りるのか」ではなく

「最悪のケースの場合対応できる家計なのか」このことを優先して新築計画を

考えましょうね。

持病などをお持ちで家を建てることに対してご不安な方こそぜひ

「ビジョナリーマイホームマップ」をご利用ください!

無料メール講座登録はこちらから!

メルマガPC用TOP

初めてのマイホーム計画!
失敗しないために7日間で学べる
無料メールマガジン!

売る人、貸す人
が決して伝えない住宅展示場へ行く前に知っておくべき
家づくり7つの新常識!

登録はこちらです!

メールアドレス
名前(姓)

無料メール講座の詳細はコチラ をご確認ください。
※こちらのメール講座はHTMLで配信しておりますので、「スマホやパソコン」でのご登録をおすすめしております。
※お名前は「本名」でご登録をお願いいたします。