固定金利型の住宅ローンというのは借入当初から最後まで金利の変動がないタイプの住宅ローン商品です。金利が変わらないということは返済額も一定ということで家計管理がしやすいというのが特徴です!

皆さんこんにちは!日本一わかりやすい家づくり計画「ビジョナリーマイホームマップ」で家づくり計画・資金計画をサポートしているマイホーム資金計画の専門家木村孝幸です。

さて本日は、住宅ローンの金利タイプの中で

「固定金利型」の住宅ローンについて基本的なお話をしたいと思います。

まずは「固定金利型」の住宅ローンとはどのような特徴があるのでしょうか?

2014-11-13-11-46-23_deco

「固定金利型」の住宅ローンとは融資申込時、もしくは融資実行時に適用金利が確定している住宅ローンのことを言います。

代表的な商品としてはフラット35が有名ですね。

その他民間金融機関でも一部取り扱いを行っているところもあります。

最近は元利均等返済、元金均等返済を選択できる

金融機関が増えてきていますが

元利均等返済を選択すれば

借入時から返済終了まで返済額は一切替わらないため

長期にわたり家計管理がしやすい、支出計画が立てやすいというメリットがあります。

デメリットとしては長期にわたり金利を固定するため

貸し出す金融機関のリスクが高くなり、その為変動金利などと比較すると

適用金利は高めに設定されています。

金利の下降局面では固定金利は不利、上昇局面では有利ということになります。

ただ、住宅ローンは金利の高い、低いだけで判断するものではありませんし

ご自身達が今後どのような生活を送りたいのか

ライフプランニングも金利タイプ選択にはお大きく関わってきますので

慎重にご判断くださいね。

まぁ、そうは言っても向き不向き、好き嫌いもありますし

ざっくりですがどんな方に固定金利は向いているのか?

[illust_bubble subhead=”固定金利はこんな方におすすめ!” align=”right” color=”red” badge=”check” illst=”check-m1-l”]・将来金利アップ時に返済が厳しくなると予想できる方
・将来教育資金と住宅ローンの返済両立が厳しいと感じられる方
・金利変動に一喜一憂したくない方[/illust_bubble]

個々の家計によりもちろん違ってきますが

このようなご家庭はどちらかと言えば固定金利型を選択されたほうが安心ではないかと思います。

我が家はどのような金利タイプを選択するべきか?

お悩みの方はお気軽にご相談ください!